簡単! 誰にでもできる手作りハム

36点の写真と詳しい説明で、誰にでも自家製のハムが作れます。

1997.4.2から、回目のアクセスになります。
本日:   昨日:

このホームページは、作者である波多江が経営しているペンションにおいて、一品料理として提供している自家製ハムを、誰にでも手軽に作っていただくことを目的に、ノウハウをすべて公開しています。
どうか 最後までご覧になって、メーカーのハムとはひと味もふた味も違う、本格的なロースハムにチャレンジしてください。
尚、このホームページに使っている写真は、画素数30万という、今では信じられないほど超低画質のカメラ(当時は当たり前でしたが)で撮影したものです。画質の悪さはご容赦ください。

手作りハム実戦編

ハムを作るのは決して難しいものではありませんが、成功するためにはそれなりの注意が必要です。最大の注意、それは工程別の目的を理解した上で、最適な手段を選択し、忠実に実戦することでしょう。

手作りにこだわる

いつまでも健康でいたい、この誰もが望んでいることが今の日本では不可能になっています。
それは、私たちの食生活が、工業的に作られる食品に頼らざるを得ない状況にあるからだと思います。

参考図書

この本と出会ってから、ハム作りは難しいという考えは吹っ飛んでしまいました。多くの写 真と的を得た解説は実践家向き。

スモーカーについて

アウトドアショップやホームセンターに行くと、必ずといっていいほどスモーカーが販売されています。
大きなものから小さなものまで、そして、材質はスチール製やステンレス製、紙製のものまでいろいろ。
これらの中から、素材の大きさや一度に作る量に適した種類を選べばいいわけですが、選択する基準としてひとつだけ注意を。
それは、小さなスモーカーは避けた方がよいということです。
当然ですが、大きな素材は収まりませんし、煙の密度が濃くなりすぎて、スモーク過剰の状態になってしまいます。大は小を兼ねる、でいきましょう。

作者本業のホームページ

日光駅から車で5分の距離にあり、観光拠点の中心にあるペンションのご紹介です。
手作りハムの他、無農薬有機栽培のご飯や自家製豆腐、梅干し、国産の小麦粉を使ったパンなど、添加物を使わない自然食品をご賞味いただけます。


制 作:ペンションはじめのいっぽ
住 所:栃木県日光市所野1541-2371
電 話:0288-53-2122


このホームページに関する責任と著作権は作者である波多江 定夫にあります。
文章・写真・デザインの転用あるいは無断使用は固くお断りいたします。